スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

突然の事でした。

せっかく産まれて来てくれた茶子の思い出の為に書き残したいと思います。
思い出しては泣き・・・書いては泣き・・・・時間がかかりました。
葬儀の事なども書き残したいと思っていますが、まだまだ時間がかかるとおもいます。

7月1日(金)の事
あの日は朝からミルクを飲みお腹パンパン!の茶子でした。
前日、N&Gがトリミングに行き、ちびうさの爪切りなどをお願いしたら「病院でOKもらいました?」と聞かれたので病院でしてもらう事に決めたのです。
まだ、ベビー達と離れるとソワソワするので一緒に行きました。
IMG_5064.jpg
病院の待合室で待ってるベビー達
IMG_5068.jpg
全く同じ姿で寝てる!なんて看護師さん達と談笑していました。
IMG_5065.jpg
体重が増えない茶子の様子を見て頂いたら「心音が聞こえにくいですね。でも、カエル腹になるほど飲んでいるので様子見ましょう」と帰宅・・・・
帰宅後、茶子の様子がおかしい・・・・
全く動かない?ミルクを作って咥えさせるも反応なし・・・・・
嫌な予感がしました。
休みだった母ちゃんに見てもらうと2人とも涙が止まらない状態になりました。
慌てて病院に走り茶子が動かない事を伝えました。
診察室には診察中の猫ちゃんが居たので茶子だけ入れていただきました。
先生が「今、応急処置しています。」と声をかけに来てくださいました。
診察が終わられたので中に入ると酸素吸入しながら心臓マッサージをしてもらっていました。
小さな体が大きく揺れてい居るように見え涙が止まりませんでした。
10分以上続けて頂いていたように思います…
しかし、茶子の心臓が動く事はありませんでした。
「もう、いいです。。。。十分です。ありがとうございました。」としか言えませんでした。
先生が話されました。
「ちびうさちゃんが出産する事はすごい事なんです!その上、帝王切開を耐えたちびうさちゃんはすごいですよ。僕はちびうさちゃんの事を優先に考えていました。ちびうさちゃんが落ち着いて来たので、良かった!と思いこれからはベビーちゃんの事をと思っていました。茶子ちゃんの体重が増えが少ないとは聞いていましたが、ミルクも飲んでいる様なので様子観察かなぁ?と思っていたんです。こんなに小さな体で頑張ったのですから、何かあってもおかしくなかったかもです・・・・・」と・・・・

「ミルクの飲ませ方で誤嚥したとは考えられませんか?」と聞くと・・・・

「それもあるかもしれません・・・。しかし、ミルクを飲ませてカエル腹になっていたのに体重が増えななかったのなら茶子ちゃんに栄養を吸収する力がなかったかもしれません。ママさんの責任ではないですよ。」と、言って頂きました。

精算している間に、看護師さんが茶子を連れて行き綺麗にして下さいました。
可愛いお花も添えて下さりました。

母ちゃんに「お花を買って帰る」とLINE・・・
お花を買う間、暑い車の中に置いておく事が出来ずスリングの中に茶子を入れてお花屋さんに行きました。
お花選んでいる間にも涙が出てきました。

ちっちゃな花瓶を買う時も茶子をスリングにいれたまま・・・・
何をしても涙が止まりませんでした。
車の運転がよく出来た物だと今考えても怖いです。

先生に「ちびうさちゃんには少しでも早く茶子ちゃんの事は忘れてもらった方が良いので茶子ちゃんには接触させない方が良いですよ」
と言われたのですが・・・・

茶子を探しているちびうさの姿を見たら可哀想で会わせてしまいました。
『目が明きました』

がいとちびうさの子供が欲しいと思い交配させました。
交配させた事が良かったのか?
無理な事をさせた結果が茶子の死なのか・・・・・

コメント見せて頂きました。
本当にありがとうございました。
返事書くまでもう少し時間がかかるようです。
よろしくお願いします。


IMG_5071.jpg




関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。