スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

妊娠判定検査薬

ドッグランでちびうさに「人間用の妊娠判定検査薬使ってみたら?」と言われていたのを思い出し
今日、レーザーの日だったので動物病院で聞いてみたら
『使った事ないしそんな発想はなかったです』と笑われてしまった^^;
しかし、『試してみるのも面白いのでは?結果教えて下さい♪』と言われました^^;
帰りにドラッグストアーに寄って薬剤師さんに聞いてみたら
「そんな使い方の為ではありません!どんな結果が出たとしてもクレームは受け付けません!」って半分怒り口調で言われたw
確かにそんなバカなことする人いないんだろな・・・・
面白半分で1番安い(621円)のを購入♪
IMG_4534.jpg
帰宅してネットで調べたら・・・・・・
★犬の妊娠、どうしたらわかるの?★ 

《人間の場合》
人間のお話からします。妊娠したのかどうかを最も早い時期に確実に知る方法は、尿検査による判定です。尿検査による妊娠判定では通常、尿中のホルモンを検出します。このホルモンは受精卵から発生する絨毛(じゅうもう)という組織から分泌されるもので、妊娠した場合にのみしか検出されません。

このホルモンが尿中に排出されるようになるので、これを妊娠判定検査薬で検出することで妊娠の判定が可能になるわけです。妊娠の判定が可能となるのは受精から最低でも2週間以上が必要です。

《犬の場合》
人間では妊娠した時にのみ分泌されるホルモンがありますが、犬は妊娠してもしなくても、同じホルモン変化を辿ります。従って犬は人間の妊娠判定検査薬のように尿検査で妊娠を診断することができません。犬で最も早い段階からできる信頼性の高い妊娠検査は超音波検査です。最初に交配してから21~24日で胎児の心拍を検出することができます。しかし胎児の頭数を確認するには信頼できる方法ではありません。

通常、獣医師が腹部を触って妊娠を判断するのは25~36日後となります。しかし、30日以降では子宮はさらに膨張するため、腸管と妊娠子宮を区別することが難しくなります。また、45日後にはレントゲン検査で胎児の骨化が確認できます。

だって・・・
使い道ない物買ってしまった(≧m≦)ぷっ!
まぁ、ネタになるだろうからエコーする前にでも試してみます♪
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。